本格的キーマカレーを作ろう

多くの野菜を使ったジュースを手軽に作れるスロージューサーは、野菜に含まれている水分だけしか活用できないわけではありません。
水分を搾り出して野菜ジュースを作った後に残る、野菜の搾りカスを料理に活用する事で、食物繊維やビタミンなどの栄養を残さず摂取できます。
人参を使った野菜ジュースを作った後には、その搾りカスを使ってキーマカレーを作ると、カレーと人参の相性の良さを堪能できておすすめです。

 

スロージューサーの搾りカスだけを材料にするのではなく、合い挽き肉やトマトや玉ねぎなどを加えると、更に美味しい風味を作り出せます。
トマトはそのまま入れても良いですし、スロージューサーで水分を搾り取って、野菜ジュースを作った後の搾りカスを使っても問題ありません。
搾りカスであってもトマトの風味の良さは残っているために、キーマカレーの材料として使う事ができます。

 

水分を搾り取られた野菜は、合い挽き肉から出る肉汁が染み込みやすく、普通に野菜を入れた時とは風味の違うキーマカレーを作れます。
野菜から水分が出すぎると、キーマカレーらしい食感が失われてしまうという意味でも、スロージューサーを使った後の搾りカスは材料として使いやすいです。

 

スロージューサーは人参などの硬さのある野菜だけでなく、ケールなどの葉野菜でも水分を搾り取れます。
ケールの風味が苦手だという人でも、カレーの材料として使うと苦味や風味が気にならなくなるので、ケールの健康効果を得たい人にぴったりです。
大量にケールの搾りカスを使うと、グリーンカレーのような色合いと風味を作り出せて、健康志向の人でも満足できます。
ケールに含まれている水分は野菜ジュースの方に移っているために、水分と一緒にケールの苦味がカレーに染み出す心配もありません。
食物繊維も大量に含まれている葉野菜なので、便秘に悩まされている方や、食事に含まれる脂肪分が気になるという人にも向いています。

 

オレンジの搾りカスもキーマカレーとは相性が良く、ジュースの方に多くの糖分が染み出ているために、カレーの材料として使っても甘味が強すぎるという事も無いです。
少しの酸味と甘味を加えるための隠し味として、スロージューサーを水分を搾り出した後のオレンジは活用できます。
オレンジの薄皮部分には多くの栄養が詰まっているために、栄養を逃さず摂取したいと考えている方とも相性が良いです。
美容成分も含まれているので、肌トラブルに悩んでいる女性にも向いています。