断食とジュースクレンズの効果を知ろう

ダイエット方法にも様々な種類がありますが、特に効果的とされる方法に断食があげられます。

 

今は食べ物に恵まれていることもあり、いつでも好きな食べ物を楽しめる時代ですが、太ってしまう原因にはやはりカロリーオーバーによるところが大きいものがあります。

 

ちょっと話がはずれますが、江戸時代の日本人は太った人がいなかったというのは知ってますか?
それは、一日二食が基本で胃腸が休まる時間をたくさん作ることが出来る食習慣だったからなんですよ。

 

もちろんカロリーオーバーになるようなジャンクフードやファーストフードはありませんから「太る理由がない」んですよ。

 

現代の日本人の食習慣は一日三食が基本になっていますが、それは近現代になってからの話なんです。

 

でも、今を生きているわたし達にとってはカロリーを急激に落とす事は身体のためにも決して良い事ではありません。
ですから基礎的な栄養素をちゃんと摂る事が出来る酵素ドリンクやコールドプレスジュースで断食を行うとカロリーを大幅にダウンさせることができるので、短期間にも体重を落とすことができるというわけなんですよ。

 

断食とはいえ、やはりまったく何も食べない状態が続くことはよくありません。
そこで注目されているのがジュースクレンズです。このダイエットは3日ほど集中して行う方法で食事のかわりに野菜ジュースを摂取していく方法です。

 

何も食べないことは体に良くありませんが、ジュースクレンズなら新鮮な野菜や果物がジュースでたっぷり取れますので、ビタミンやミネラルもしっかり摂ることができ、ダイエット中の栄養不足を防ぐこともできます。

 

さらにジュースクレンズはカロリーオフだけではなく、お通じの改善や代謝アップにも良い効果を期待することができます。

 

そして断食はあまり長期にならないように気をつけ、その後の回復食はお粥や野菜ジュースなど低カロリーで胃腸の負担の少ないものから初めていきましょう。

 

中には断食を行うジュースクレンズは体に悪影響があると言った声も聞こえてきます。
これは正しいやり方ではない無理をしたジュースクレンズをやる場合にとてもよく当てはまるので予め知っておいた方がいいと思います。

 

ではそういった間違ったジュースクレンズの方法で何が起こっているのか見ていきましょう。

 

本来筋肉の中で水分とグリコーゲンというものが蓄えられているのですが 断食や低カロリーの食事を続けていくと 体の中からグリコーゲンが不足するため筋肉内のグリコーゲンが使われていきますすると もちろん同時に水分も失っていくので その結果糖質繊維質タンパク質のような人間が生活するのに欠かせないような大事な栄養素も同時に失っていきます。
通常の食生活で糖分が多く摂取しているような傾向がある方は血糖値が上がったり下がったりを繰り返すため その部分の改善を医師に指摘される方も多くおられると思いますがジュースクレンズは自分で設定する期間その間の断食になるので 気にすることはないと言われていますまたビタミン不足なども囁かれているのですが コールドプレスジュースの素材をビタミンを多く含むような果物や野菜などに変えることでビタミン不足も起こすことはないでしょう。

スポンサードリンク