イチゴでコールドプレスジュース

スロージューサーは、果物や野菜からジュースを圧搾する電動タイプのジューサーです。近年では、スロージューサーで作ったジュースの専門店ができるなど注目を浴びています。
スロージューサーは、野菜や果物だけを使って100パーセントのフレッシュジュースを作ることができるだけでなく、従来の一般的なジューサーでは1分間に約1〜2万回転という高速で刃を回転させているのに対し、スロージューサーは刃を使わず、1分間に数十回というかなりゆっくりとした回転スピードで食材をジュースにするため、空気が混入せず、食材が酸化しにくくなり、栄養素を豊富に残すことができます。また、回転時の摩擦熱が発生しないので、食材の酵素を壊さずにジュースにできるという利点もあります。このように食材の栄養素を豊富に残したままジュースを作ることができるので、このジュースだけで1日を過ごすプチ断食なども流行しており、多くのモデルや芸能人が実践しています。日頃の野菜果物不足を補うのにも、手軽に食材の栄養素を摂取することができます。
スロージューサーでジュースを作る際には、搾りかすは分離して排出されます。繊維質の多いリンゴやニンジンなどの食材でも、皮を剥かずに入れてもジュースに繊維や皮が混じることなく、サラサラと飲みやすいジュースを作ることができます。搾りかすはカレーなどに入れるなど、料理に活用することもでき、無駄なく食材を使いきることができます。また、スロージューサーには刃を使用していないので、運転時の音は静かで、使用後は安全に手入れすることができます。
スロージューサーで作るジュースで特におすすめなのがイチゴを使ったジュースです。イチゴには豊富なビタミンCとキシリトールが含まれています。ビタミンCには抗酸化作用と免疫力向上の効能があり、風邪予防やコラーゲンの生成を促進し、体組織細胞の傷を修復する効果、メラニンの生成を抑えてしみを予防などの美肌効果も期待できます。また、キシリトールには、虫歯や歯槽膿漏の予防などが効能として期待できます。イチゴの栄養素は、そのまま食べるよりもジュースにして取り入れるほうが栄養の吸収率があがるので、スロージューサーでジュースにすることで、より一層イチゴの栄養を効率良く体に摂取することができます。
イチゴがすっぱいと感じる場合は、ジュースに牛乳を加えることで、コクと甘みが出ておいしく飲むことができます。

 

イチゴ+牛乳+砂糖を組み合わせていちごオレの出来上がり♪

先程の段落で、イチゴジュースが酸っぱいと感じてしまった際は、牛乳を加えるだけでコクト甘みが出ますよ。と言う紹介がありましたが、ここにほどよく砂糖を加えてあげるだけで、懐かしい味のイチゴオレに早変わりします♪

 

用意するものもシンプルで、誰でも簡単に作れるので、いちごオレが好きだったと言う方はぜひ試してみてくださいね♪
ただし、砂糖を入れすぎてしまえば当分の過剰摂取につながりますので、あくまで入れる量は適度にするように気をつけてください。

 

生のイチゴジュースはあまり日持ちしない

最後に注意点としてお伝えしたいのが、スロージューサーを活用して作った際のイチゴジュースの日持ちについてです。
イチゴジュースに限らずですが、スロージューサーを活用して作られたいわゆるコールドプレスジュースと言うのは、生の果物、野菜などを一気に絞っているだけですので、あまり寿命が長くないんです。

 

特に、日本のとても暑い夏の時期にコールドプレスジュースを常温放置してしまうと、そのジュースには当然添加物などを使われていませんので、雑菌の繁殖も起こりやすく、常温放置しすぎてしまったものは大変危険です。
もっと言うと、場合によってはお腹を壊してしまう恐れもあります。
なのでご自宅でスロージューサーを活用して作ったフレッシュジュースは、作ってすぐに飲んでおくのが1番好ましく、その時に飲みきってしまわない場合は、可能であればサランラップをかけて冷蔵庫で保存することが大切です。
なお、コールドプレスジュースはお店で販売されることもありますが、その際の目安の賞味期限は購入してから大体二日間位だと言われています。
冷蔵保存をしていても2日を過ぎたものはあまり飲まない方が良いかもしれませんね。
また、その時に飲み切らなくても、できるだけ冷蔵保存していようがその日のうちに飲んでしまうことを強くお勧めします。

 

スロージューサーを活用して作ったコールドプレスジュース自体は大変健康的なものですが、無添加の作りになっているが故にそういった部分だけが気になるところです。
そこだけ注意すれば特に他に危険な事はないでしょう。
この概念はイチゴジュースに限らずその他いろんな野菜や果物でも応用できる考え方です。
これから先、いろんなバリエーションでフレッシュジュースを楽しまれるかと思いますが、その際はできるだけ早く飲むこと、飲まないときはすぐに冷蔵保存しておくこと、これだけはしっかりと守っていきたいですね♪

スポンサードリンク