人気スロージューサーの価格

スロージューサーの特徴は、刃を使わずスクリューを低速で回転させて食材を圧縮させながら擦りつぶしてジュースにしていくところです。果汁などの液体と繊維を含んだ絞りかすが分離されるので、サラッとしたのど越しの飲みやすいジュースになります。

 

スロージューサーで人気のあるメーカーは、「ヒューロム」や「クビンス」、「パナソニック」などです。

 

ヒューロムで最上級モデルとなると、「スロージューサー H2H スーペリア」という製品になります。こちらはアタッチメントの種類が充実した製品です。りんごやオレンジなどの柑橘類の果肉を絞れるスクイーザーと乾燥用スタンドが「スーペリア」のみに付属されています。この他、食材を液体と繊維に分けるストレーナーという部品には目の粗いスムージー用もあるので、果肉の食感を味わいたい時にもこの1台でokとなります。
こちらの製品の価格は39,744円(税込み)です。
2016年モデルとして「ヒューロムスロージューサー H-AA」という製品もあります。
ヒューロムの製品を買われる場合には、「ピカイチ野菜くん」からがオススメです。万が一の故障の際も、5年間の保証が付いてきます。

 

クビンスの最大の特徴は 1.「投入口の大きさ」 2.「スクリューの長さ」の2点で特許を取得しているところと言えるでしょう。投入口が大きいと、その分、最初の段階での食材カットの手間が省けます。また、スクリューが長いと長い食材でも投入可能です。朝の忙しい時間などでも、時間の短縮に繋がります。例えば、クビンスの「JSG-121」という製品では、オレンジジュース300cc分をおよそ1分で作ることが出来ます。
こちらの製品の価格は39,800円(税込み)となっています。
クビンスの製品をご購入の際には「キレイShop」という、クビンススロジューサーの正規代理店でのお求めがオススメです。こちらで購入されると、10年間保証が付きます。多少、初期投資が高くなったとしても安心です。

 

パナソニックのスロージューサーは、コンパクトで低価格なのが特徴と言えるでしょう。パナソニックの製品で例えば「MJ-L500-S」では、フローズンアタッチメントが付いているので、凍らせた食材からシャーベットのようなフローズンスイーツが作れます。
こちらのMJ-L500-Sの価格は21,660円(税込)です。

 

 

スロージューサーを使う上で役立つのが「クックパッド」です。スロージューサーの簡単で美味しいレシピがたくさん紹介されています。

スポンサードリンク