ジュースクレンズ中にもできる簡単なデトックスストレッチ

日常生活であまりしない動作の1つかもしれませんが
体を捻るという動きを着目してみるとなかなかすごい効果が期待できるということがわかります。
実は体を捻ってあげることで、腸の働きを良くすることができるんです。
仮に誰かに後からポンポンと背中を叩かれたとしても振り向く時って普通は腰を捻る動きは、
状態を捻るというよりも膝まで全身を使って振り向いたりしますよね。
首も振り向きますけどね…
そうではなく意図的にウェストにねじりの動きを加えてあげるんです。
テレビを見ながらでも簡単にできるので、もしよかったら取り入れてみてはいかがでしょうか。
またこのデトックスストレッチは、激しい運動ではないので、
ジュースクレンズ中のデトックスダイエット中でも腸の動きを活性化してくれます。
デトックスの効率が上がり、腸内環境を整えることができるんですね♪
では、さっそく具体的なやり方をご紹介します。

 

ねじりストレッチ!のやり方

まず、両足を伸ばして座って背筋を伸ばしてまっすぐに前を向きます。
その時に猫背にならないように注意しましょう。
次に両足を曲げて体育座りのように座ります。
そして右足から始めるならば右足の膝を伸ばして左足の下をくぐらせます。
つまり右足は左に向かって膝をまっすぐに伸ばしている状態です。
左足はほんの少しだけ右側に向かって膝を曲げたような状態になります。

 

次に左足を右足の膝のすぐ横につけてまっすぐな姿勢になります。
右肘を左膝の上に置いて左手を外側に伸ばして上半身を左側にねじります。

 

この時に呼吸は止めずに鼻でゆっくり大きく呼吸を続けましょう。
そして上半身を捻ったらそのまま10秒から20秒キープします。
ゆっくりまっすぐな姿勢に戻るように少しずつ体をもとに戻していきましょう。

 

そしてこれと全く左右反対の動きをします。

 

この組み合わせで、左右1回ずつを1セットとして3セット〜5セットこの繰り返しを行います。
体を置くと伸ばしてあげるととっても気持ちが良いですよ♪

 

上半身を捻って後に伸ばしてその後体を深呼吸で整えてあげると
普段あまり使わない筋肉を伸ばすことができて、腰回りの筋肉を強化することができます。

 

筋肉の動きがしなやかになると体液循環も良くなって、
冷えの予防や改善、代謝アップ効果も期待できます。ジュースクレンズ中にも筋肉を動かすことで
同時に腸を刺激するため、便秘の予防と改善に役立ちます。
もしお腹が重たいなぁと感じた時はいつもより回数を多めに行ってデトックス効果を高めるというのもいいですよね。

 

またこのねじりデトックスストレッチは、先ほどもご紹介した通り便秘の解消や、それに付随して冷え性、むくみの改善にもつながります体の中の液体の巡りが良くなって古く濁ったお水は筋肉を刺激したことで朝の蠕動運動が活発化してお腹の中に溜まった老廃物をすっきりと流すことができます。
激しい運動ではありませんので、週末のデトックス習慣としてジュースクレンズを行っているというような方は、是非このジュースクレンズ中にこの習慣を取り入れてみたり、または毎日必ず夜テレビを見てリラックスしているときにこの運動を行ってみたりしてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク
スポンサード リンク