ジュースクレンズの回復食|グルテンフリーならリバウンドしない?

グルテンフリー食材はデトックスの回復食にすることができます。
特に最近では『ブランパン』などのグルテンフリー食材が注目されていますよね。
グルテンフリー食材の回復食でリバウンドゼロの美ボディ&ダイエットの成果を目指しましょう!

 

そうすることで、ジュースクレンズなどのファスティングデトックスプログラムのダイエットを行った後の
回復食をグルテンフリーで済ませることによって血糖値を上げることなく、リバウンドのないデトックスが可能です。

 

もともと酵素デトックスやジュースクレンズなどのファスティングプログラムは、
断食の日数に応じた回復食の期間というものがあります。
その間は、できるだけ体の中で断食によってエネルギーが欠乏している部分を糖質によって補う事と
体の為にも消化に良い栄養素を補給することが大切なのですが、
その回復食の食べている期間中に体重が戻ってしまうことが原因で、
やはりファスティングは痩せられないと感じている方も多いようです。

 

ですが本来、断食の回復食というのは、
例えば三日間のジュースクレンズで3キロ体重が減ったとしたら2キロほどは戻ってしまうのが普通で、
完全に3キロ減ったままの状態を維持できるといった事は起こり得ません。

 

たとえ回復食の量を減らしたとしても体がするエネルギー量が増えているため、
結局は糖質を取ることによって体のエネルギーが復活すればその分は多少なりともリバウンドするわけです。

 

もし、これを嫌うのであれば、最近ではダイエット食材としても話題になっている
ブランパンなどのグルテンフリー食材で回復食のお粥を作ったりするというのも良いと思います。

 

回復色の食材としては以前から、お粥が最もグルテンの量が少なく、
血糖値を急激に上げてしまうといったこともないため、できるだけ熱くして『ゆっくりにしか食べられ食べ方』をすることで
体もゆっくりと回復していくという意味合いがあり、
そのためにもおかゆはお勧めの回復食と言われていました。

 

ところが、回復食を食べている期間中に体重が少しでも戻ってしまうと動揺してしまう方というのは、
グルテンフリー食材のブランパンなので『パン粥』を作って食べてみるというのも方法だと思います。

 

作り方は簡単でブランパンを買ってきて、牛乳で煮込むだけです。
軽く塩、コショウで味を整えるのですが、この時に味付けを濃くしすぎないことがポイントで、
そのためにブロックのコンソメを出してあげたりするというのも良い方法でしょう。

 

回復食の工夫を凝らしてあげるだけでも、グルテンフリー食材を使ってエネルギー源はしっかりと補給しながら、
栄養バランスもとりつつ、なおかつリバウンドせず
体にやさしくおいしい回復食ということができるグルテンフリー食材を使った回復食を試してみるというのも
今年の夏に向けての緊急ダイエットをしっかり成功させる1つのポイントかもしれませんね。

スポンサード リンク
スポンサード リンク