ジュースクレンズダイエットの断食中のコツについて

ジュースクレンズダイエットの断食中のコツ

ジュースクレンズダイエットが話題急上昇で、断食ダイエットに挑戦する人が増えて来ています。

 

ジュースクレンズダイエットは、ご存知の通り基本的に3日間の断食を行っている間に栄養素と酵素の補給をジュースで行うダイエットです。

 

ですが、断食というと、やはりお腹が減って辛いという気持ちになってしまうのは当然です。
それに、空腹感の辛さは人によって感じ方が違うので、ジュースクレンズダイエットを途中で挫折する人がいたとしても仕方のない事だと思います。

 

コールドプレスジュースの販売店舗である渋谷のスカイハイの公式ホームページでは、最初は3日間から始めてみてはどうでしょうか・・・と勧めていますが、確かに一理ある話ですが、それでもこれまでの人生で経験した事のない3日間の断食は、最初にしてはハードルが高すぎだと思います。

 

問題は、途中でどうしてもお腹が空いて辛いと感じる人が、もっと楽しめるようにすることが大切だと思います。
そのための考え方をご紹介します。ジュースクレンズを始めようと思っているけど、断食がちゃんと続くか不安という方は必見です♪

ジュースクレンズダイエットの断食中のコツ

ジュースクレンズダイエットを始める前に準備期間を作ってきていますよね。

 

その時点で、普通の方なら結構な空腹感があると思います。消化しやすくてお腹に残りにくいものを尚且つ食事量を少しづつ減らして食べているので、この感覚は当然です。

 

この時点で、もし本当につらいようなら、これからご紹介するジュースクレンズダイエットの断食中のコツを実践してみて下さい。
この、ジュースクレンズダイエットの断食中のコツは、実際に何かを行うのではありません。実は、考え方を変えるだけなんです。

 

まず、3日間必ず断食をやり遂げる!という悲壮感に満ちた考え方を捨ててしまいましょう!
そして、改めて自分に言い聞かせてください。
これからジュースクレンズを始めるけど、途中でどうしても辛くなったら食べるよ。

 

いきなり挫折してもいいよなんて言う気か!と怒られてしまいそうですが、実はそうではありません。
これは大切な事で、本当に目眩がしたり、体がだるくなってしまうほどの辛さを感じる状態では、既に失敗と言えるからなんです。

 

なぜかと言うと、行き過ぎた飢餓状態を認識してしまうと、体の中で省エネモードのスイッチが入ってしまって、基礎代謝効率が下がってしまい終了後のリバウンドにつながりやすくなります。

 

それに、体調不良のリスクを考えると、健康的にという目的からも逆効果なので中断するのがコツなんです。

 

こういった身体の構造上の理由もありますが、最初から絶対に3日間と決めてしまうと、楽しむ事が出来なくなってしまうという要素もあります。
楽しむという気持ちはとても大切で、これがあるのと無いのとでは、結果が真逆になってしまうと言えるくらい大きな差になります。

 

身体が悲鳴を上げるほど辛くなったら、その時点で止めると最初から決めておけば、途中で食べてしまったとしても挫折感に悔しい思いをする事もありません。
言い訳を始めから作るという意味では決してありません。

 

例えば、初めてやった今回は1日半しか出来なかったけど、今度やるときは2日間に挑戦するぞ!と考える事が健康的なジュースクレンズダイエットの断食中のコツなんですよ。

 

そしてもう一つのコツがあります。
これは断食ダイエットを行う上でのコツというよりも、痩せるために必要になるコツです。

 

 

ジュースクレンズでしっかりと痩せるコツでも説明しているのですが
人間の体には様々な変化に対応するようにしたり、なにか異常事態が起きた時に
体を守る自己防衛機能が備わっています。
もちろんそれ以上の変化があった場合は、不調をきたしたりもするのですが、
ジュースクレンズもうまくやらなければ、自己防衛機能によって痩せること自体に
拒絶するような反応をする場合があるので注意してくださいね!

スポンサードリンク