回復食が終わるまでがジュースクレンズ

このページでは、ファスティングダイエットを成功させるために大切な
回復食のレシピを詳しく見て行きたいと思います。

 

ファスティングダイエットとは、半日から三日間程度食事をしないで
酵素ドリンクや炭酸水などを摂取しながら断食して痩せるダイエット方法です。
ファスティングを行うことによって内臓を休ませることができます。

 

内臓を休ませることができることで消化などに使われる酵素を
代謝酵素として使うことができるようになるため痩せやすい体づくりにつながります。

 

また、デトックスすることによって肌の代謝を高めることができ、免疫力を高めることでアレルギーの改善するとされています。
摂取エネルギーが少ないことで、内臓脂肪などの脂肪燃焼にも促せます。

 

しかし、正しく行わなければ逆に太ってしまうこともあるため注意が必要なんです。
正しく行うためにはファスティングをする期間と同じだけの準備期間と回復期間が必要です。

 

ただし、準備食の期間については、慣れてくると前日だけ食事量を
その日の3食で絞って行くことで翌日からの断食開始に備えることができるようになりますよ。

 

準備期間は肉類や油分などを控えるようにして、低カロリーの状態に体を慣らしていく期間になります。
回復期間は、ゆっくり通常の食事に戻っていく期間になります。
目的は、少しずつ食習慣自体をヘルシーなものに変えることで
冒頭でご紹介したような痩せやすい身体を維持することが目的なので、実際には回復食は痩せることではなく
痩せた身体をキープすることが目的なんですね。

 

ファスティングは体に負担のかかる方法のため、しっかり回復させていくことが体の負担を減らしてリバウンドを防ぎます。
体の負担にならない回復食のレシピとしては、消化の良いものを中心にすることが大切です。

 

三日間行ったと考えて1日目の重湯から始めていきます。
昼食は柔らかめのおかゆと具の入っていない味噌汁
夕食に柔らかいおかゆと梅干し
具なしの野菜スープなどがおすすめです。
油分や固形物を避けたメニューにします。
二日目は普通のおかゆと具の入った野菜スープか味噌汁、昼食はおかゆとおひたしや野菜の煮物、味噌汁などを食べていきます。
夕食はおかゆと味噌汁、温野菜、野菜のおかずなら取り入れてもよく、少しずつ固形物を取り入れて体を慣らしていきます。

 

三日目に柔らかめのご飯と野菜の煮物やひじきの煮物、味噌汁を食べ、
昼食にはキノコ類のはいったリゾット、野菜スープ、夕食はご飯と野菜のシチュー、ベジタブルカレーなどがオススメです。
根菜類を食べ始めるのは三日目からにして、柔らかめに煮たり小さめに切ったして消化しやすいようにします。

 

食事をするときには、必ず腹八分目を心がけてどか食いしないようにします。

 

濃い味のものや刺激物は避けるようにし、肉類や油分などは避けるようにしてお菓子類なども避けることが大切です。
また、どうしても間食がしたい場合には吸収の良いヨーグルトなどを取り入れることが良いとされています。

 

断食期間は個人差があるとおもいますが、ジュースクレンズというのはその期間が終わったから終了というものではなく、
回復食までしっかりと行ってはじめて完了といえます。