成分が見逃せないスロージューサー!

野菜や果物の栄養素を摂取したいと考えた時、ただ量を食べておけば良いと考える人は少なくありません。
ですが、調理の方法によっては壊れていく栄養素も多くあります。
その一つがビタミンCです。
野菜や果物を食べておけば摂取出来ると考える人は少なくありませんが、加熱をしたら壊れてしまうだけでなく、水洗いでもその量が減ってしまう事になります。
ですから、栄養素をしっかりと摂取したいと考えたら、調理の仕方も重要になってきます。
いつまでも健康でいたい時やダイエットにも有効と注目を集めている酵素もまた、加熱等によって簡単に壊れてしまう栄養素です。
その為、野菜や果物の豊富な栄養素を摂取したいと考えたら、加熱をせずに食べる事が有効です。
この場合、野菜ジュース等が良いのではないかと考える人も多いでしょう。
野菜ジュースであれば加熱をしない為、ビタミンCや酵素が残った状態となります。
ただ、高速回転によって野菜や果物を細かくしていく事で、壊れてしまう栄養素もあります。
そんな中野菜や果物の栄養素を極力壊さない状態で、ジュースに出来るスロージューサーが注目を集めています。
一般的なミキサーの場合、容器の底についた刃が高速回転をして野菜や果物を粉砕していきます。
ジューサーの場合は、底の部分がおろし金のような状態になっており、野菜や果物をおろし金でおろしていくような状態でジュースへと変えていきます。
それに対して、スロージューサーというのは、石臼のような状態で野菜や果物をゆっくりと絞っていきます。
栄養素を壊しにくい状態で絞っていく事が出来るだけでなく、繊維質も取り除いてくれるという特徴があります。
繊維質が入っていると、飲んだ時の満足感を感じやすくなるというメリットもありますが、多少、舌触りが気になってしまう事も少なくありません。

それに対して、スロージューサーであれば、繊維質を気にする事なく、素材の味をしっかりと楽しめるジュースに仕上がると人気になっています。
野菜や果物のジュースといえば、ミキサーで作れば良いと簡単に考える人は少なくありません。
ですが、作る道具によって、その仕上がりや栄養価が変わってくる事になります。
少しでもしっかりと野菜や果物の栄養素を摂取したいと考えるのであれば、スロージューサーがおすすめです。
スロージューサーはミキサーのように底の部分に刃がついておらず、手入れが簡単な事でも人気となっています。
手軽だけではなくスロージューサーを選ぶ際にはその大きさも大事なポイントになります。
野菜や果物を使ったジュースは様々なものが市販されていますが、市販されたジュースは飲みやすい味に調整されていたり、なんといっても素材のフレッシュさという点では家庭で自分で作るものには叶いません。新鮮な野菜やくだものにはビタミンや酵素などがたっぷりと含まれており、健康な身体を作るためには毎日の食事の中でたっぷりと食べるのが理想です。けれども、熱を通さない野菜や果物などを毎日大量に食べるのはけっこう大変なことです。いくらサラダが好きだという人でも、新鮮なやさいや果物をふんだんに摂るために義務的に食べるのでは食べる喜びもうせてしまうでしょう。
そんな時におすすめなのがスロージューサーを使って作るフレッシュジュースです。ブレンダーやミキサーのようにカップの中のカッター部分が高速で回転して材料を攪拌して作るジュースとは異なり、スロージューサーはゆっくりとした回転によって素材を丁寧搾ってジュースを作るのが特徴です。手でしぼって作るジュースのように余計な力も熱もかからないため、熱に弱いビタミンや酵素などの栄養素を壊すことなく、身体に届けることのできるジュースが作れます。
スロージューサーは材料をカットして投入口に入れれば、ゆっくりとした速度で回転しながら素材を押しつぶしてジュースを搾り、搾りかすとジュースとに自動的に分けてくれる機能を持ちます。そのため出来上がったジュースはミキサーやブレンダーなどで攪拌してできるジュースよりもはるかにさらりとしたのみ口になるのが特徴です。人気のグリーンスムージーのように腹持ちの良いジュースではありませんが、素材の美味しさの生きた飲みやすいジュースで、何よりも栄養素が壊れずに効率よく身体に取り込めるのが最大の魅力です。
現在スロージューサーは美容や健康に関心の高い人々から絶大な人気があり様々なタイプが市販されているので、自分で使うものを選ぶ時にどれを選べばよいのか迷ってしまうという人は少なくありません。
キッチンで使用する調理器具でよく使うものというのは、どこの家庭でもすぐに使えるように出しておけるのが理想です。そのため、できればスロージューサーを選ぶ時にキッチンであまり場所をとらずに済むコンパクトなサイズを選ぶことも大切です。コンパクトサイズならすぐに使える場所において置けますが、大きなものだと場所をとるのでしまいこんですぐに出さなくなってしまうことも考えられます。できることならサイズがコンパクトで、洗ったり組み立てたりといったお手入れが楽なスロージューサーを選ぶのがおすすめです。