ジュースクレンズの失敗とは。そして失敗しない方法

ジュースクレンズ 失敗

ジュースクレンズは、断食と栄養素がちゃんと補給できるジュースを飲む事で行うデトックスプログラムです。

 

海外セレブや日本国内でも一流モデル・芸能人などに効果的なダイエットとして認知されていて、
評判の高いダイエット方法なのですが、やはり失敗する場合もあり得ます。

 

このページでは、そんなジュースクレンズの失敗例を知っておく事で、ジュースクレンズダイエットの失敗を回避する事に役立てて頂く事が目的です。
また、このページの最後のほうでは、ジュースクレンズを失敗しないためのやり方やおすすめのジュースをご紹介しています♪

ジュースクレンズダイエットの失敗例

ジュースクレンズの失敗とは

断食が終わった時は、身体が内側からすっきりした感覚がして、それと同時にお腹も空いているので、ついついしっかりとしたものを食べたくなってしまいがちです。

 

ジュースクレンズの失敗例で、もっともありがちなのが、回復食を食べる時にいきなりしっかり固形物を食べてしまって、リバウンドをしてしまう事です。

 

ジュースクレンズの回復食は、低カロリーである事も大切なのですが、それよりも断食で空っぽになって吸収力が上がっている胃腸に急激な栄養補給を行わない事が基本になります。

 

なので、いきなりお肉などのしっかりしたものを食べてしまうと、リバウンドしやすくなってしまうんですね。

ジュースクレンズ 失敗

断食中は消化酵素を断食している間は一切使っていないので、回復食を慌ててガッついてしまうと、消化できるキャパ以上の食事による栄養素が供給されてしまうと、リバウンドの確率が高まってしまうんです。

 

その他には断食中に、ダイエット効果を焦ってしまって激しい運動を行ってしまうと身体が栄養不足を認識して省エネ状態に切り替わってしまうというホメオスタシスの発動パターンが考えられます。
ジュースクレンズのダイエット効果は断食を行った事によって老廃物の排出が進んで代謝が上がった事によって、断食が終わった後でも太らない事にあると考えると、失敗を回避する事が出来ます。

 

断食=痩せるという解釈をすると失敗の確率が上がってしまうんですよ。

ジュースクレンズを失敗しない方法

先ほどはジュースクレンズの失敗例で代表的なリバウンドについて回復食の食べ方とメニューを紹介しました。
ですが、ジュースクレンズのもうひとつの失敗例に、ダイエット効果が出ないと感じるという例もあります。

ジュースクレンズ 失敗

これは、断食中に空腹感を感じた時にあまりにも“我慢しすぎ”という事が考えられます。

 

空腹感をあまりにも我慢しすぎてしまうと、ホメオスタシスという生命維持機能が発動してしまいます。

 

そうなると、身体がエネルギー消費を抑えてしまって代謝効率が落ちてしまうんです。
そうならないようにするには“空腹感の種類を見極める”事が大切です。

ジュースクレンズ 失敗

断食中にホメオスタシスを発動させないために空腹感の種類を見極めると言いました。
空腹感の種類と言われても、いまいちピンと来ないですよね。

 

ホメオスタシス発動にならない程度の空腹感は、身体が軽く感じるという特徴があります。
それと、そう感じてしまってからでは遅いという事になってしまいますが、ホメオスタシスが発動するほど空腹感を感じた場合は身体がだるくなります。

 

そうなる前にジュースを飲むようにしてくださいね。
酵素ドリンクでジュースクレンズを行っている場合は炭酸水割りで飲むと空腹感を感じにくくなります。

ジュースクレンズ 失敗ちょっとした勘違いですが・・・

ジュースクレンズ 失敗

それとジュースクレンズじたい“空腹感を我慢するもの”というイメージがあると思いますが、実はそうではありません

 

空腹感を我慢する事じたいが先ほどから登場しているホメオスタシスの発動を促してしまうので、ダイエットの失敗につながってしまうんですよ。

 

基本的にジュースクレンズ中は酵素ドリンクでもコールドプレスジュースでも、1時間半〜2時間置きにジュースを飲むスケジュールにはなっていますが、次のジュースまでは我慢しないとダメというわけではないので、お腹が空いたらジュースを飲んでくださいね。

 

それでも普通に固形物の食事をするよりは、はるかに低カロリーなのでダイエットの邪魔にはならないんですよ。
このサイトでおすすめしているベルタ酵素ドリンクで行うジュースクレンズは、無理せずにできるダイエットとしても多くの方に注目されているんですよ!

 

ジュースクレンズ 失敗