コールドプレスジュースを作るスロージューサーは効果抜群

スロージュース 効果

このページでは、スロージューサーで作ったジュースである
「コールドプレスジュース」の効果についてできるだけわかりやすくご紹介していきたいと思います。

 

また、コールドプレスジュースが作れるスロージューサーのサイト内の詳細ページへのご案内が
このページの最後のほうにありますので、気になるスロージューサーのページに直接移動できます。
もしよろしかったらご利用ください♪

 

まずは、スロージューサーで作るコールドプレスジュースの特徴から見て行きましょう。

コールドプレスジュースの特徴

コールドプレスジュースというのは、スロージューサーという低速回転のジューサーの中で空気にできるだけ
触れないようにゆっくりと下回転で密着した石臼のようなドラムの中で押しつぶされる様にして絞り出されたジュースです。
高速回転のミキサーで作ったジュースとの一番の違いは果皮や果肉がジュースとは別に排出されてくるため口当たりがさらっとしたクリアなジュースになります。

 

また、熱に弱いビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質が劣化せずに摂れるため
健康とアンチエイジング(主に美容面)での効果が高いミネラルと酵素がたっぷりのジュースとなります。

 

コールドプレスジュースが栄養たっぷりな理由

実はほとんど余計な酸素がドラムの中には入っていかないために
果物や野菜の中に含まれている栄養素やミネラルが酸化しない」という特徴があります。
これが基本的なスロージューサーで作ったジュースの効果ということになります。
基本的にどんな栄養素も、高速回転のジューサーミキサーや最近の高速回転のハンドブレンダーなとで
粉砕、撹拌されると、どうしても摩擦熱と同時に酸素に触れることで栄養素が酸化劣化を起こすことになります。

自宅で作るコールドプレスジュースのレシピ

例えば、ビタミンCの場合はイチゴやリンゴ、みかんやオレンジなどに含まれていますが、
そういった果物や小松菜、ほうれん草などに含まれている野菜のビタミンCなども酸素に激しくぶつかりながら撹拌されてしまうことで
ビタミンCの特徴である抗酸化作用が著しく低下します。その効率の低さは大体38%から43%位まで落ちてしまうと言われているんです。

 

こうした基本的な特性に加えて、各レシピで使う素材によって効果が変わってくるんです。

 

例えば不眠症やストレスで悩んでいる方はセロトニンの生成を促すトリプトファンが摂れるパイナップルを使ったり、
生理痛に悩まされている方ならバナナを加えることで子宮収縮による痛み物質のプロスタグランジンを抑制するマグネシウムを摂ることもできるといった具合です。

 

もちろん、こうしたジュースを飲んだからと言ってすぐに効果が実感できるというものではないかも知れません。
悩みの症状の重さによっては改善に時間が掛かることとなるかも知れませんが、少なくとも薬に頼って身体の負担を掛け続けてしまうよりは健康的な改善のアプローチと言えるはずです。

 

こうした悩み改善に加えて、健康的なダイエット効果もあるのが最近話題になっているジュースクレンズなんですね。

コールドプレスジュース@ジュースクレンズ効果

近年流行しているダイエット方法が、コールドプレスジュースを飲むことで体内を洗浄するジュースクレンズです。
1〜3日間は食事ではなくコールドプレスジュースのみで過ごすダイエット方法になります。

 

固形物を摂取しないことによって、普段使っている胃や腸を休ませて体内環境をリセットすることができます。
消化に使っているエネルギーを体内の修復に回すことができたり、
脂肪をエネルギーにすることで減量することができるため食べ過ぎた後になど行なうのが人気になっています。

 

このコールドプレスジュースを作ることのできるジューサーが『スロージューサー』になります。
スロージューサーは従来のミキサーのように高速回転刃で粉砕する方法ではなく、
低速ですり潰すように野菜や果物をすり潰すジューサーのため熱が発生しないんです。
また、もう一つの特徴として、熱だけではなくスロージューサーの本体内のドラムは
熱に弱い栄養素であるビタミンや酵素、ミネラルやカルシウム、鉄分などの栄養素を壊さずに摂取できるという効果があるのは先ほどご紹介させて頂いた通りです。

 

つまり、生野菜などの素材の栄養素をより多く、効果的に栄養が摂取できるんですね。
市販の野菜ジュースは過熱されており、熱に弱いビタミン類などの栄養は減っています。

 

また、通常のミキサーでは回転時に摩擦熱が加えられているためビタミン類が減っている上に、
食物繊維などが残ってしまうため飲みにくいという違いがあります。

 

スロージューサーで作るジュースの効果はダイエットだけではなく、
免疫力の向上や疲労回復、内臓機能の回復やアンチエイジング、
デトックス作用などが期待できるとされています。
ほかにも食物繊維が摂取できることから、便秘の改善をすることができ、
便秘の改善とデトックス作用によって腸内環境が良くなれば『幸せホルモン』と呼ばれる
セロトニンの分泌もスムーズに行くようになるためストレス耐性もつき、心の病の予防にも繋がります。
また、スロージューサーは好きな野菜や果物を使ってジュースを作ることができるため、
気に入った味や自分の足りない栄養素を含んだジュースを作ることができます。

 

スロージューサーにはさまざまな種類がありますが、選ぶ場合には素材の絞れる量や耐久性、口コミなどを参考にして選ぶことをおすすめします。
健康や美容に良いジュースですが、ダイエットに利用する場合には無理のない日程で行ない、
最大でも3日間までにしておきます。

 

リバウンドしないためにもダイエット期間が終わったらお粥やスープなどの消化に良いものから食べて徐々に通常の食生活に戻っていくことが大切です。

 

【人気のスロージューサー】

クビンス(KUVINS)のホールスロージューサーは果物や野菜をホール(切る下ごしらえ不要)のまま投入できるのが特徴です。
家族全員分のジュースを作るママさんに人気の機種で、メンテナンス(洗浄)のしやすさも魅力です。

ヒューロム・スロージューサーH -AAは、搾汁率の高さが特徴でコールドプレスジュースを作った時に出る
野菜や果物の果皮を使ったアレンジレシピの幅も広がりそう♪実績と保証期間の長さ(5年保証)で選ぶならこちらがおすすめ。