コールドプレスジュースを作るスロージューサーは効果抜群

近年流行しているダイエット方法が、コールドプレスジュースを飲むことで体内を洗浄するジュースクレンズです。1?3日間は食事ではなくコールドプレスジュースのみで過ごすダイエット方法になります。
固形物を摂取しないことによって、普段使っている胃や腸を休ませて体内環境をリセットすることができます。消化に使っているエネルギーを体内の修復に回すことができたり、脂肪をエネルギーにすることで減量することができるため食べ過ぎた後になど行なうことが人気になっています。
このコールドプレスジュースを作ることのできるジューサーが、スロージューサーになります。スロージューサーは従来のミキサーのように熱を加えて刃で切り刻む方法ではなく、低速ですり潰すように野菜や果物をすり潰すジューサーのため熱が発生せず、熱に弱い栄養素であるビタミンや酵素、ミネラルやカルシウム、鉄分などの栄養素を壊さずに摂取できるという効果があります。
つまり生野菜などの素材の栄養素をより多く、効果的に栄養が摂取できるのです。
市販の野菜ジュースは過熱されており、熱に弱いビタミン類などの栄養は減っています。通常のミキサーでは熱が加えられているためビタミン類が減っている上に、食物繊維などが残ってしまうため飲みにくいという違いがあります。
スロージューサーで作るジュースの効果はダイエットだけではなく、免疫力の向上や疲労回復、内臓機能の回復やアンチエイジング、デトックス作用などが期待できるとされています。ほかにも食物繊維が摂取できることから、便秘の改善をすることができ、便秘の改善とデトックス作用によって腸内環境が良くなれば幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌もスムーズに行くようになるためストレス耐性もつき、心の病の予防にも繋がります。
また、スロージューサーは好きな野菜や果物を使ってジュースを作ることができるため、気に入った味や自分の足りない栄養素を含んだジュースを作ることができます。
スロージューサーにはさまざまな種類がありますが、選ぶ場合には素材の絞れる量や耐久性、口コミなどを参考にして選ぶことをおすすめします。
健康や美容に良いジュースですが、ダイエットに利用する場合には無理のない日程で行ない最大でも3日間までにしておきます。リバウンドしないためにもダイエット期間が終わったらお粥やスープなどの消化に良いものから食べて徐々に通常の食生活に戻っていくことが大切です。