ジュースクレンズの方法

ジュースクレンズ方法

ジュースクレンズの方法は、皆さんご存知の通り断食(ファスティング)によるダイエットです。

 

ですが、充分な準備を行う必要とジュースクレンズ期間中の過ごし方などいくつかの注意点があるので、このページでご紹介させてください。

 

正しい方法でジュースクレンズダイエットを成功させるには、必要なポイントです。基本的な3日間のクレンズについてご紹介します。

ジュースクレンズの方法:準備期間

先ほども紹介しましたが、ジュースクレンズは断食(ファスティング)の健康ダイエット方法です。
ただし、いきなり断食を始めてしまうと効果が出ないばかりか、リバウンドを招いてしまう可能性や体調不良の危険性もあります。

ジュースクレンズの方法

準備期間には可能な限り食事量をゆっくりなペースで減らしていく事と動物性のタンパク質を口にしない事が重要です。

 

動物性タンパク質(お肉ですね。)は、どうしても消化するまでに時間が掛かってしまいます。

 

動物性タンパク質は、早くても8時間は胃袋の中に留まる事になっているので、食べてはいけません。という事ではありませんが、動物性のものは前日には口にしない事をおすすめします。
ジュースクレンズ開始日を目指して、少しづつ食事量を減らしている期間は、炭水化物を中心に出来るだけ消化吸収に優れた食事メニューを摂るようにする事をおすすめします。

ジュースクレンズの方法

もう一つの注意点は、コーヒーやタバコなどを普段から口にされている方は、出来るだけそれらを避けた方が良いです。

 

少しづつ胃の中を空にして行く過程の中でコーヒーやタバコなどの刺激物は胃壁を傷つける可能性があるからです。

ジュースクレンズの方法:断食期間

ジュースクレンズの方法

いよいよジュースクレンズの開始です。それまでの準備期間で動物性タンパク質を我慢して、胃腸を休めてあげるための下準備が出来ている状態です。

 

断食期間中に関してはジュース以外に口にして良いものはお水だけです。

 

この期間中は出来る限りリラックスした状態で過ごす事が大切です。エネルギー消費をより多くしたいからと言って激しい運動はしないで下さいね。

 

なぜかというと、ジュースからしか栄養を受け取っていない身体が基礎代謝だけを行うのに最低限のエネルギーしかない状態なのに、そこに運動が加わってしまうと飢餓状態を認識してしまうんです。

 

飢餓状態を起してしまうと、逆に基礎代謝効率を下げてエネルギー消費を抑えようとしてしまうので、代謝効率が低下してしまって、断食期間が終わった後に食事を始めた時に少ない回復食からエネルギーを溜め込んでしまうのでリバウンドを起しやすくなってしまうんです。

ジュースクレンズの方法:断食終了後

ジュースクレンズ回復食

ジュースクレンズダイエットは、断食終了後がいちばん大事と言っても過言ではないくらい丁寧に行う必要があります。

 

なぜなら、断食によって胃が完全な空っぽ状態になって吸収効率が上がっているところに急激に回復食を入れてしまえば、かなりの確率でリバウンドしてしまう危険性があるからです。

 

断食終了後は当然ながら回復食が必要です。ジュースクレンズダイエットの回復食でいちばんおすすめのものはおかゆです。

 

ちょっともどかしく感じるかも知れませんが、おかゆを流し込むような食べ方ではなく、ゆっくり噛むように丁寧に少しづつ食べるようにして下さい。
ジュースクレンズダイエットには特に回復食の丁寧さが求められます。