ジュースクレンズダイエットのコツ

ジュースクレンズダイエットの開始前のコツ

断食ダイエットとでありながら酵素ドリンクや酵素が摂れるスムージー、またはコールドプレスジュースを使う事によってリバウンドの一番の原因になる栄養バランスの偏りがクリア出来る事がジュースクレンズダイエットの特徴です。

 

さらに2〜3kg程度の体重ならわずか3日間の断食で無理なく落とす事が出来るのが魅力ですが、本当に効果を最大限に発揮するにはコツがあるんですよ。
そこで、このページではジュースクレンズダイエットのコツを特集します♪

ジュースクレンズのコツ

ジュースクレンズダイエットは始める前の準備期間もとても大切です。準備期間のコツとしては大まかに分けて2つあります。

少しづつ食事量を減らす

食事量をジュースクレンズダイエットの開始向けて少しづつ減らしましょう。
明日から断食だから今日はガッツリ食べて・・・というのは、実はリバウンドの確率が上がってしまいます。
人間の身体にはホメオスタシスといって恒常性という「常に一定を保つ働き」があります。
それを敢えて破るのがジュースクレンズダイエットなので、その落差を出来る限り少なくした方が、身体に掛かる負担を少なくする事が出来ます。
落差が大きい状態で突然の断食開始を迎えると、飢餓状態の認識につながってしまって代謝効率が落ちてしまいます。
基礎代謝を始めとする代謝効率を落とさないために酵素ドリンクや酵素スムージーを使うのに急激な落差が生じる始め方をしてしまうと、断食中の体重の落ち方が期待通りの効果でなくなってしまうばかりでなく、終了後に回復食を食べ始めた時に栄養素を一気に溜め込んでしまうのでリバウンドしてしまうんです。

刺激物を避ける

コーヒー・タバコなどカフェインやステイン、ニコチンなど胃にとって刺激物になるものは避けた方が良いです。
ジュースクレンズダイエットは、通常の食事を摂っているときと違って、胃の中が空っぽになっているので、胃壁を守ってくれるものが何もない状態になります。
そんな状態に少しづつ向かっていく準備期間中に胃壁に刺激物を与えてしまうと、肌荒れや血圧上昇による貧血など、お世辞にも健康的とは言えない状態になってしまいます。
それでは、せっかく酵素と栄養素をわざわざお金を払って買ったドリンクから摂取しても意味がありませんし本末転倒ですよね。
タバコが一番危険なんですが、コーヒーに関してはアメリカンくらいの薄いコーヒーなら一日一杯ぐらいなら飲んでも問題はありませんが、出来る事なら控えた方が良いですよ。