スロージューサーで効果的な食材の投入順序

スロージューサーとは従来の高速回転のミキサーとは違い、食材をゆっくり時間をかけてすりつぶすようにしながら細かくして絞っていく調理器具のことを指します。
最近ではジュースクレンズを筆頭にコールドプレスジュースを健康や美容のために摂取している方も増えていますが、スロージューサーがあれば自宅でいつでも好きな時に好きなもので酵素たっぷりのコールドプレスジュースが作れるというのが魅了です。
スロージューサーの特徴は一般のジューサーのように音が大きくないこと、そしてゆっくりと食材をすりつぶいていくために食材の味を損なわずに栄養素や酵素も分離することなく新鮮かつ濃厚なジュースが作れるということ、さらに材料の皮まで丸ごと入れても細かく絞ってくれるので食材にムダがなく食材のもつ栄養素を身体にたっぷりと取り入れられることがあげられます。
またスロージューサーには回転式の刃が内蔵されていないため、使用後の洗いものも安全かつ楽にできます。
スロージューサーで作られたコールドプレスジュースには酵素がふんだんに含まれており、日々酵素を摂取することは身体によい影響を与えます。血流が良くなり代謝があがったり、便秘解消などのデトックス効果が見込めたりと美容にも健康にもメリット尽くしであるといえます。
そこで大切なのが自宅でスロージューサーを使用してジュースを作る場合の食材を入れる順番です。
食材には野菜や果物、ゴマなどが主にあげられますが、それぞれの食材に組み合わせや相性があるためジューサーに入れる順番を誤ってしまうと思い通りの効果や成分が得られなかったり、とても飲めないような味のジュースが出来上がってしまう可能性があり、こうなってしまってはせっかくのコールドプレスジュースも台無しです。
スロージューサーに食材を入れる順番としては基本的にはその機械の特性上ゆっくりと時間をかけて入れられた食材をすりつぶしていくため、粉砕に時間のかかる繊維質を多く含むものから入れていくことが望ましいです。
例えば葉ほうれん草や小松菜などの葉物は一見柔らかそうに見えますがシャキシャキとした食感があるため繊維も多く含みます。さらにごぼうやニンジンといった根菜類も食物繊維を多く含む上に硬さもあるので先に入れたほうが良いといえます。これらの食材と比較すると果物は繊維もすくなく柔らかいのが特徴なので最後に入れると良いでしょう。
よってスロージューサーに食材を入れる順番としてはまず葉物、次に根菜類、そしてそれ以外の野菜、最後に果物類を入れてゆっくりと絞り出すことが望ましいです。