洗いやすさも選ぶポイント スロージューサー

野菜や果物をしっかりと食べることが身体の調子を整え美容面でも大きな効果が期待できるのはいうまでもないのですが、
中々普段の食事の中でしっかりと料理したり食べ続けるのは困難です。
そんな時にはジュースにすることで野菜や果物の栄養をしっかりと身体に届けることが出来ます。

 

ジュースクレンズで注目が集まってるスロージューサーなんですが、
毎日の栄養を摂取するドリンクを作るためにもとても意味のあるジューサーなんです。

 

ジュースを造るための方法にはジューサーとミキサーの2種類がありますが、
ジューサーは素材を削ったり圧搾したりして水分とそれ以外とに分けてジュースを作るものですが、
ミキサーはやさいや果物をそのまま攪拌して作るという違いがあります。

 

素材の栄養や酵素などをそのままとるためには高速で回転させて攪拌したり、
高速で削って絞る方法だと繊細な栄養素は壊れやすく、
栄養素がムダになりがちですが、
ゆっくりとした速度で素材を搾るスロージューサーなら栄養素を損ねることなく
ジュースを作ることができるため、美容と健康に関心の高い人々を中心に高い人気があります。

 

スロージューサーの人気が高まったことで、
現在は様々なタイプのスロージューサーが市販されるようになっており、
使ってみたいけれど、どんなタイプを選べばよいのか迷ってしまうという人は少なくありません。
価格も大きさも性能も様々なスロージューサーの中から
自分にあった使いやすい製品を選ぶためにはぜひチェックしておきたいポイントがあります。

 

そんなポイントの一つに取扱いのしやすさを挙げることができます。

 

どんなにスロージューサーがすぐれた製品だということがわかっても、
ミキサーと比較するとスロージューサーにはかなり多くの部品があり、
普段使用した後にたくさんの洗いものが発生し手間がかかるものです。

 

そんな時に大切なのが洗いやすい部品であるということです。

 

部品の数そのものも少ないほうが勿論良いのですが、
いくら部品数が少なくても洗いやすい形状でないものは手間と時間がかかってしまいます。
さらに洗いやすいだけでなく洗った後の部品の組み立て方法もわかりやすいものでなければ、
何度か使ううちに面倒になって結局しまいこんでしまうことに繋がりかねません。
そのため、スロージューサーを選ぶときには部品が洗いやすい形状か、
部品の数がむやみに多すぎることはないか、
洗った後の部品を組み立てるのが簡単かということはとても大切なポイントになります。

 

さらに、部品は消耗品で使い続ければ何れ壊れることもあるし、時には紛失することも考えられます。
そんな時にメーカーから部品の供給をすぐに受けられるアフターメンテナンスの良い製品を選ぶことも大切になります。

 

洗いやすさ◎+ 10年保証のスロージューサー

実際にミキサーを使ったことがある方なら実感しているかと思いますが、洗いやすさは結構重要なポイントですよね。
そこで、いくつかあるスロージューサーの中で使い勝手がよく洗いやすいスロージューサーをご紹介します。

 

それがクビンスホールスロージューサーです。
こちらは実際にコールドプレスジュースを作る際の使い勝手が良いのも魅力的ですが、メンテナンスや洗浄の方法が非常に簡単なため、頻繁に使われる方にとっては特にオススメかもしれません。

 

また、クビンスホールスロージューサーの場合メーカ保証が10年間も付いているため購入してから10年間の間は使っている中でトラブルがあっても安心です♪
すべてのスロージューサーがこのような保証が付いているわけではありませんので、これはこれでクビンスホールスロージューサーの大きな魅力の1つではないかと思っています。

 

そんなクビンスホールスロージューサーが一体どのようなスロージューサーなのか?と言う点を写真付きでわかりやすく解説しています。

 

実際に使用されている方の良い口コミや悪い口コミもいくつかまとめて特集していますので、気になる方はそちらも併せてご覧ください♪