スロージューサーで手軽なダイエットを

栄養豊富なドリンクを使ったダイエットは、取り掛かりやすいので人気があります。
食事量を調整するダイエット法ではカロリーは抑えられますが、
その分栄養が偏ってしまう傾向があります。
不足しがちな栄養を飲み物で摂りたい時に最適なのは、スロージューサーを使ったコールドプレスジュースです。

 

スロージューサーで作ったコールドプレスジュースは、
ミキサーで作ったジュースと比べると、含まれている栄養素が格段に違います。

 

その理由は、低速回転で材料を圧搾していく作り方にあります。

 

ミキサーのように高速で動くカッターの場合、
素材を切り刻む際に熱が加わるため成分が壊れてしまいます。
ゆっくりと材料をすりつぶして作るスロージューサーは、
熱を加えることが少なくなるので、素材に含まれている栄養をより多く摂取できるのです。

 

スロージューサーで作ったジュースは、素材の繊維質が取り除かれるので、
口にした時の舌触りや喉ごしはとても滑らかです。
ジュースに固形物が入っていないので、消化に必要な酵素を節約することができて、
それが代謝の活性化や胃腸を休めることにつながるため、
老廃物や不要な水分の排出を促すデトックス作用が期待できます。

 

低カロリーで栄養価の高いニンジンやポリフェノールタップリのビーツといった野菜は、
ダイエットに最適な食品ですが、繊維質が多いため、
ミキサーで作ると飲みにくさを感じることがあります。
液体と固形物が分離できるスロージューサーは、
硬くて繊維が多い野菜も簡単にジュースにできます。

 

グリーンスムージーではNGとされている、キャベツやトウモロコシも利用できるので、今ある食材を活用して作れます。

 

液体と分離された繊維質は、サラダや炒め物の具材に利用できるため、
素材を無駄にすることはありません。
パンやケーキの生地に混ぜたり、手作りふりかけの材料にするなど、
アレンジ次第で色々な料理が作れますし、
食物繊維たっぷりの料理はダイエットや便秘解消に役立てられます。

 

好みの野菜と果物で簡単に作れるコールドプレスジュースですが、あれもこれもと欲張って入れてしまうと、ものすごい味になることがあります。特に食事量が少ないダイエット中は、味覚に敏感になってしまうので、あまりにもまずいとストレスがたまり、やる気が低下してしまいます。ニンジンなどの緑黄色野菜が好みではない場合や葉物野菜をメインにして作る場合は、レモンやオレンジなどの柑橘系のフルーツやリンゴを多めに加えると、さっぱりして飲みやすいジュースになります。