低速ジューサーとも言われているスロージューサーの比較

ジュースクレンズのコールドプレスジュースを自宅で作りたいと思ったならば、低速ジューサーとも言われているスロージューサーを購入しなければなりません。

 

家電量販店でも販売されるようになっている現在、どの商品がいいのか、どういった使い方が違うのかなど、どうしても迷ってしまいます。
そこで、このページでは、ジュースクレンズを行うためのコールドプレスジュースづくりに適しているのか、
各有名メーカーのスロージューサーを比較していきます。

 

まずは基本として、ジューサーとミキサーの違いをおさらいします。

  ジューサー ミキサー
商品イメージ

スロージューサーの比較

スロージューサーの比較

特徴 容器の底に凸凹があり、それが開店して果物や野菜などの素材をおろしていくようにすりおろす。

その時に繊維質を分離するように作られているので、さらっとした口当たりが特徴のドリンクが出来上がります。
タイプ的には、高速ジューサーと低速ジューサーに分類することもできます。

容器の底にブレードとも言われる刃がついており、野菜や果物、氷なども粉砕して混ぜていきます。

ジューサーとは異なり、すべての入れた材料が粉砕されるのでどろっとした感じになります。
海外などではブレンダーとも呼ぶことが多いんですね。

メリット 水分のない100%ジュースが作れる。

口当たりが好まれる。

ジューサーとは違い、入れたものをすべて混ぜるので食物繊維ものぞかれない。

すべてを混ぜるのでジュース量が多い。

デメリット 葉物野菜だけでは水分量が少ないので、水分量の多い野菜や果物を加える。

部品が多いのでメンテナンスなどは△
ミキサーに比べて出来上がるまでに時間がかかる

すべての素材を粉砕するので口当たりがどろっとして子供には嫌われる傾向が・・・

 

このようにミキサーとジューサーを比べるとこのような一般的な違いがあるんですね。

 

ジュースクレンズに用いられるコールドプレスジュースを作るためのスロージューサーは、ジューサーの分類で、さらに低速圧搾のジューサーなので
特殊なものだというのがここまでで少しイメージできるかもしれません。

 

では、そんなスロージューサーのうち、コールドプレスジュースを作るのに人気な代表的な3メーカーのスロージューサーを比較していきましょう。
この3機種は、酵素を破壊しにくい、ジュースが空気に触れて酸化する特性を持っているため、酸化しないように作られている、
長く使えるようにメンテナンスも考えられているなど、多くのポイントでほかのスロージューサーより、優れているため圧倒的な人気を誇っているんです。

 

おすすめのスロージューサーランキング

 

 
ヒューロムスロージューサーH2Hの特徴

日本で一番売れている低速圧搾ジューサーと言われている、まさにコールドプレスジュース専用のドリンクが作れ、メンテナンス、使いやすさなど断然お勧めの機種になります。 日本で一番売れているのも、このメーカーが世界的メーカーでジュースクレンズが海外から日本へ入ってきたことを考えると、すでに海外のほうがスロージューサーは 性能のいいものを作られているのも納得。 楽天でもナンバーワンの状態。しかし、実は公式サイトで購入すると、完全返金保障制度や特典がついてくるという大きなメリットも♪

価格 39,744円(税込、送料込)円
評価 評価5
備考 重さ 約6.2キロ
 
 
クビンスホールスロージューサーの特徴

無償修理保証が10年もついているほど、メンテナンスやアフターフォローに徹底しているクビンスホールスロージューサー。 この下のヒューロム同様、ジュースクレンズに最適な機種です。 ヒューロムがいいのか、クビンスがいいのかは好みで別れるくらい、両方優秀なおすすめジューサーなんですよ。

価格 39,800円(税込、送料込)円
評価 評価5
備考 重さ 約6.4キロ
 
 

シャープヘルシオ

シャープ ヘルシオジュースプレッソの特徴

日本のメーカーだけあって信頼感が大きいポイントになっています。

価格 オープン価格円
評価 評価5
備考 重さ 約4.8キロ
 

 

 

スロージューサーで野菜や果物の栄養をあまさずいただいて、生活の基本である食事から健康的な体作りを始めてみませんか?
スロージューサーがあれば、ジュースクレンズで短期間デトックスプログラムもできるし、毎日の食生活で不足する栄養も、
自分で用意した野菜や果物などから摂取できるようになるので、疲れや肌荒れ便秘など、日常の生活も改善することが期待できます。

 

またおすすめスロージューサーランキングで掲載されているものに関しては、どれも搾りかすの方の料理への利用方法やレシピなども附属しているので
野菜や果物をまるごといい状態で身体に取り入れることができます。

 

さらに使いやすさも選ぶうえで重要なポイント。
実際に使うときにどのくらいの音が出るのか、野菜や果物を投入する投入口の大きさはどのくらい広いのか。
など見なければいけないポイントは様々なところがあります。

 

たとえ話題のジュースクレンズで今年こそはダイエットに成功するぞと思っても、
成功した後使わなくなるような商品だともったいないと思います。

 

通常のドリンクでは抽出できない豊富な栄養や生きた酵素などは毎日の健康のためにも
どんどん使っていきたいものです。