気を付けたいコールドプレスジュースの材料選び

ジュースクレンズやクレンズダイエット、またはコールドプレスダイエットなど様々な呼び方をされますが、共通しているのは
コールドプレスジュースを使っての断食がメインとなります。

 

断食をしないにしても注目されているコールドプレスジュース。
高い栄養価や生きている酵素など、それによるメリットはダイエットだけではなく、お肌の状態改善、腸内環境の好循環など
多くのものもあります。

 

コールドプレスジュース専門店も都内ではあるのですが、最近ではスロージューサーなどの自宅でコールドプレスジュースを作ることが
できることでも人気が急上昇しており、家電量販店でも販売されていることも手伝って、出荷数もどんどん伸びているそうです。

 

たしかにコールドプレスジュース専門店で注文すると、1杯1000円から1500円するので、自宅で作りたいという方もおられるでしょう。

 

このページでは自宅でコールドプレスジュースをスロージューサーを使って作る場合、注意したいポイントについて解説しています。

 

コールドプレスジュースの材料選びの際の注意点

スロージューサーで作るコールドプレスジュースは、とても消化のいい状況であり、その上生きた酵素やたくさんの豊富な栄養があり、
とても優れているように思われます。
しかし、その消化のいいジュースだからこそ気を付けたいことがあるんです。

 

通常お腹の便秘や下痢で悩んでいる方に多いのですが、食物繊維や腸内環境を改善するような食材や栄養を多くジュースの原料として
使うとより効果が発揮されて、お腹がびっくりして逆に壊してしまうことがあるんです。
この場合は、材料の量を考えたり、摂取回数を減らしてみたりするといいですよ。

 

ジュースクレンズはとてもメリットの多い方法ですが、このように注意したいポイントもあるので気を付けていきましょうね。

食物繊維が多い野菜や果物

食物繊維がたくさん含まれている食べ物は決して悪いわけでは無いのですが、先程の段落でもあったように極端に摂取しすぎるとお腹がびっくりしてしまうこともあるようです。
なので、食物繊維を極端に取りすぎないようにコントロールするためには、一般的に食物繊維が多いと言われている野菜や果物を把握する必要がありますね。

 

なお、私が調べた中では豆類に食物繊維が多く含まれていたのですが、あまり豆類をコールドプレスジュースに入れる方は少ないかと思います。
ではどんな野菜と果物に多かったのかと言うと、果物で言うとバナナとアボカドで野菜ではシソ、パセリ、ニンニク、ごぼうなどが食物繊維が豊富に含まれていることがわかりました。