スロージューサーの回転数は圧搾のため遅い?

スロージューサーはその名の通り、回転数が低いジューサーのことです。
一般的なジューサーの回転数が1分間に10,000回前後に対し、スロージューサーは1分間に40回前後なので非常に遅いことが分かります。

 

しかし回転数低いと何がよいのでしょうか。

 

スロージューサーは確かに回転数が遅いのですが、回転刃を回転しすりつぶしてジュースにするのではありません。
スクリューをゆっくり回転し、食材を圧縮し、すりつぶしながらジュースにするのです。
高速に回転すると、その際に発生する摩擦熱により壊れやすい栄養素や酵素を壊してしまうので、それでは栄養素が減ってしまいます。
それに対しスロージューサーを使用すると、失いやすい栄養素をそのまま摂取することができるため、健康効果の高さが期待できるんです。

 

またスロージューサーの特徴として搾りかすが分離することができます。

 

リンゴやニンジンにような野菜ジュースには欠かせないが野菜ジュースを飲みにくくする食材を入れても、
さらっとした飲み口にすることが出来ますし、繊維の多い食材を使うこともできます。

 

例えば、ホウレン草や小松菜などのビタミンCがたくさん摂れる野菜は、
普通の調理では、ゆでるとゆで汁も一緒に飲むようにしないとビタミンCの摂取効率が大幅に落ちます。

 

これは、ビタミンCが水溶性の栄養素で、洗ったり、切ったり、煮たり、ゆでたりと言った
調理法で外に流れ出てしまう水分に弱い栄養素だからです。

 

また一般的なジューサーだと葉物野菜は回転刃に届かず混ざりにくかったり、上に残ったりしてしまいますが、
圧縮するスロージューサーは葉物野菜も使うことが出来ます。
このような特徴を生かし、スロージューサーで出来た野菜ジュースをジュースクレンズダイエットに利用する人や朝食代わりに栄養豊富な野菜ジュースを飲む人もいます。

 

それだけ健康志向の強い現代に合った今人気のある商品といえます。
スロージューサーは回転数が遅く、圧縮してジュースを作るので、回転刃を使うことがありません。
食材をすりつぶすのは石臼のようなスクリューなので、洗う際に従来の回転刃のような刃物(従来のミキサーはそうだった)で手を切ることはなく、使用後も安全に洗うことが出来ますし、
小さなお子様がいる家庭でも安心することが出来ます。また回転数が遅いということは音も小さいので、一般的なジューサーを使う場合は音に悩まされていた人も、スロージューサーの音に悩む、ということは少なくなるかもしれません。

 

昔に比べると、土壌がやせた影響もあり、野菜に含まれる栄養が少なくなったとされています。
1日350gの野菜の摂取が必要、とは言われていますが、必要な栄養を摂るためには、実はもっと多くの野菜が必要だと言われています。
そのため、必要な栄養を手軽にそして効率的に摂取できるスロージューサーは現代においても無駄のない方法と言えます。